キャッシング審査 情報機関の利用

キャッシングの審査では情報機関を使って審査をしていきます。

キャッシング審査する際に、情報機関へキャッシング申込み者の借入状況などの個人情報を照合するよう依頼します。

消費者金融は「全国情報センター連合会」に加盟しており、全国都道府県エリアの情報センターへキャッシング申込者の借入状況を照合をお願いします。
情報センターに保管されている情報は「個人名」「住所情報」「勤務先名」他社借入がある場合は「件数と金額」「借入時期と返済時期」が記録されています。
支払いが遅れていれば必ず分かります。

金融機関での利用経験があり支払いを滞納してり、返済基準期間およそ30日以上を超えて延滞した場合などは「事故情報」という参考データが情報センターで記録されています。
返済が滞っているような「事故情報」のほか身分証をなくしたり、債務整理や自己破産申請などの情報も残ります。

このような情報がある状態で新たなキャッシングへの申込みは無理です。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。