キャッシング審査に必要な所得証明

キャッシングを申込んだ際、所得がどのくらいあるのかも審査の対象になります。

キャッシング審査には「所得証明書」か「収入証明書」が必要になる時もあります。

「所得証明書」
源泉徴収書、確定申告などによる役所などで発行してくれる証明書です。

「収入証明書」
毎月もらう給料明細などです。

キャッシングを申込みする時、勤務先の申告をします。勤務年数の割りに年収が高いと怪しまれます。
個人信用審査での融資ですので、申告内容が「一般的」でないといけません。正直に申告するのが一番です。

職種が多様化してきている現代では、会社勤めのサラリーマンなどにも収入の証明の提示を求める場合があります。個人事業主の場合は「確定申告書の控え」取引先との受発注を行っている確認できるような「伝票」などを提示します。また、50万円以上の融資を申込むと審査も慎重です。

高額融資を申込む時は、所得の分かる「書類」を必ず持って行くと良いでしょう。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。