ローンの種類と金利

現在のキャッシングは、用途や目的的別に金融機関を選べる時代となっています。
金融会社は様々なニーズに応え、それに合ったサービスの提供を行っているのです。

そういった各種のローンが存在しているので紹介します。

ローンの種類としては、新車ローン、中古車ローン、カー用品や車の修理または車検でのローン、自動車学校ローン、バイク購入ローン、結婚資金でのローン、葬式・仏具のローン、引越しの資金ローン、インテリア購入ローン、家電製品ローン、レジャーローン、旅行ローン、教育ローン、介護ローンなどがあります。

また、ローンの金利については、一般的に金利に保証料を加えたものが実質年率に相当します。
例を挙げると、表面金利が2.5%、保証料1.5%の場合は、実質年率(金利)は4.0%になる計算になります。

それぞれの用途に合ったローンを利用し、無理のない返済をして下さい。



| 日記

キャッシング-銀行系-

キャッシングには様々な種類がありますが、その中の銀行系のキャッシングについて説明します。

銀行系のキャッシングは利点としては、他のキャッシングと比較すると低金利でキャッシングの利用が可能なところです。
また、融資限度額も設定が高いため高額の融資を希望される方に向いているキャッシングです。

金利については月割り計算で計算されています。
キャッシング審査においては厳しい傾向にあり、比較的時間がかかる為、早急なキャッシングを考えている方には、不向きであるキャッシングと言えます。

そのため、手軽さを求める方や短期での高額の融資借入には向きませんが、長期での高額の融資借入を希望の方には大変向いているキャッシングです。

尚、引き落としについては、毎月決められた返済日に口座からという方式となっています。



| 日記

キャッシングの流れ

キャッシングを利用するにあたり、主なキャッシングの流れを知っておきましょう。
単にキャッシングを利用するだけではなく、流れも理解しておく事で冷静な判断が可能となります。

キャッシングの流れは、まずキャッシング・サービスを提供しているキャッシング会社や銀行などの金融機関を、
店頭や専用窓口、またはインターネットの各社のホームページから探す事から始まります。

次にそれぞれのキャッシング会社を比較します。
各社によって金利やサービスなどは異なるので、自分に合うものを選択しましょう。

そして、キャッシング・サービスを提供する金融機関にキャッシングを申し込みます。
申込後に金融機関はキャッシング審査を実行し、問題がなければ金融機関と契約となります。
そして金融機関から融資が行なわれます。

ただし金融機関により、キャッシングの流れにも違いがあります。



| 日記

キャッシングの陥穽を飛び越えよう!

キャッシング・ローンを望む際、誰しも用途や返済計画を慎重に考慮した上で利用しなければならないのはむろんのことですが、その他にも注意すべきことは多々あります。

審査における自身の諸属性が低い場合に融資を受けられるとすれば、相対的に高い金利を肯んじなければならないというのは常識中の常識です。
それでも必要なキャッシングであるか否かは自分で判断しなければなりません。

また、返済のリボルビング方式は、事実上の分割払いを可能にしてくれます。
しかし一定の限度内で借入れと返済を繰り返すことをも可能にしています。

したがって利用によほど強固な意志と計画性を持たないと、借入れと返済を長期にわたって循環的に繰り返していくといったことにもなりかねません。

何かの利点はしばしば何かの陥穽になりかねないのです。



| 日記

キャッシングの経済効果

そもそもキャッシング・ローンは、現在の経済構造の中で、経済の全体を膨らませる効果を担っています。

ある人が何らかの生業を営む、何らかの職業・収入を得て生きている、あるいはそうした人の配偶者なり子である、といった条件を備えていれば、その返済能力に問題のない範囲でキャッシングを行って、人々の経済行動や消費力をより活性化させる。

あらかじめ個人信用力の審査を経て発行されるクレジットカードやそれに付随したキャッシング機能などは、とりわけその所有者の利用による経済への波及効果が大きく期待されているといえます。
こうしたカードは、ある程度の職業・収入の安定度のある人に対して発行されるからです。

その利用も純粋な消費や、あらたな経済活動のためになされる可能性が高いというわけです。



| 日記

「ローン」とは?

たいていの方にとって「キャッシング」よりもはるかに耳慣れた言葉である「ローン」。

「ローン」といえば、これもたいていの方がすぐに連想するのは「住宅ローン」「自動車ローン」などではないでしょうか。
しばしば「一生に一度の大きな買い物」といわれる住宅。
また住宅ほどではありませんが、やはりたいていの方にとって比較的大きな買い物である車。

しかし家や車ほどではなくても、また直接何かの品物を購入するためでなくても、現在多少ともまとまったお金を要する事柄には、たいていそのためのローンが存在するようです。

ブライダルローンもあれば葬祭ローンもあります。新生活ローン、引っ越しローン、出産ローンもあれば、教育ローンもトラベルローンもあります。



| 日記

キャッシングとローンの言葉の違い

普段よく広告で目にする「キャッシング」と「ローン」の意味を調べてみました。

キャッシングは、日本語ではないので日本語に訳してみますと「現金化」することをいいます。
ローンは、「〜を借りる、貸付」などを意味します。

そこで「キャッシングローン」というのは、「現金を借りる」という意味になります。

キャッシングでは、返済方法として一括で返済するという意味もあるそうです。
ローンの方は、少しずつ返済していく方法を意味するそうです。

キャッシングローンは、「現金を借りて毎月少しずつ返済していく」という意味になります。

広告に「キャッシング」だけの文字が掲載されてても、返済は必ずしも一括でというわけではありません。
返済方法は各金融会社で決まっています。



| 日記

即日キャッシング比較

今日中にお金が必要な時、キャッシングを申込んだ日に審査が通ればすぐに融資してくれる会社もあります。
これが、「即日キャッシング」です。

申込みから融資までスピーディーな業者を重視で比較してみます。

インターネットや電話で申込んだ当日に審査をして、すぐ申込人名義の口座へ現金を振り込んでくれます。
それは、50万円まで自動で審査を行うキャッシング会社が増え、仮審査が早く進むために当日融資が可能になりました。

最短と言える、申込みから融資されるまで30分程度で振込みをしてくれるのは、消費者金融が多いです。
銀行系は、申込み時間によって異なりますが、当日には振り込みをしてくれます。
信販系も銀行系、消費者金融と同じで30分程度でキャッシングを完了します。

大口融資でも、当日に審査を終えて即日キャッシングができる会社もあります。



| 日記

キャッシング審査 情報機関の利用

キャッシングの審査では情報機関を使って審査をしていきます。

キャッシング審査する際に、情報機関へキャッシング申込み者の借入状況などの個人情報を照合するよう依頼します。

消費者金融は「全国情報センター連合会」に加盟しており、全国都道府県エリアの情報センターへキャッシング申込者の借入状況を照合をお願いします。
情報センターに保管されている情報は「個人名」「住所情報」「勤務先名」他社借入がある場合は「件数と金額」「借入時期と返済時期」が記録されています。
支払いが遅れていれば必ず分かります。

金融機関での利用経験があり支払いを滞納してり、返済基準期間およそ30日以上を超えて延滞した場合などは「事故情報」という参考データが情報センターで記録されています。
返済が滞っているような「事故情報」のほか身分証をなくしたり、債務整理や自己破産申請などの情報も残ります。

このような情報がある状態で新たなキャッシングへの申込みは無理です。



| 日記

キャッシング審査に必要な所得証明

キャッシングを申込んだ際、所得がどのくらいあるのかも審査の対象になります。

キャッシング審査には「所得証明書」か「収入証明書」が必要になる時もあります。

「所得証明書」
源泉徴収書、確定申告などによる役所などで発行してくれる証明書です。

「収入証明書」
毎月もらう給料明細などです。

キャッシングを申込みする時、勤務先の申告をします。勤務年数の割りに年収が高いと怪しまれます。
個人信用審査での融資ですので、申告内容が「一般的」でないといけません。正直に申告するのが一番です。

職種が多様化してきている現代では、会社勤めのサラリーマンなどにも収入の証明の提示を求める場合があります。個人事業主の場合は「確定申告書の控え」取引先との受発注を行っている確認できるような「伝票」などを提示します。また、50万円以上の融資を申込むと審査も慎重です。

高額融資を申込む時は、所得の分かる「書類」を必ず持って行くと良いでしょう。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。